代表者ご挨拶

トップページ > 会社案内 > 代表者ご挨拶

皆様が安心して暮らしていくことのできる
地域づくりに貢献していきます

レークケア代表取締役 私は長年、薬局勤務を通じて年間600件ほどのご自宅を訪問させていただいてきました。そのなかで、元気だった人が歩けなくなったり、配偶者が亡くなって一人暮らしを余儀なくされるなど、お年寄りが直面する問題に共に向き合い、地域医療の必要性を強く感じました。また、私個人としても「これまで支えてきてもらった地域に恩返しをしたい」という想いがありました。そして長年の想いをこめて、1995年に地域密着型薬局「甲賀薬局」を設立したのです。

当社は「地域の人が住み慣れた場所で、健康で安心に暮らせるようにしたい」という理念のもと、医療と介護、生活支援を包括的に行う『地域見守りネットワーク構想』の実現を進めています。調剤薬局の周辺に医療機関を誘致して患者さん情報の共有と連携を強化し、病気の予防や健康維持を促進しています。ほかにもカルチャー教室や旅行などのイベントも企画し、人と人のふれあいを大切にしながら、地域の方々が健康で文化的な、豊かな暮らしをできるようお手伝いをしています。
また、2014年にはデイサービス『懐かし処 いろり家』を開設。この構想の核となったのが、調剤薬局で行う置き薬訪問事業です。これは配置薬(おきぐすり)を利用するお客様を薬剤師が定期的に訪問してニーズを聞き、お困りごとを解決する在宅支援サービス。薬や健康に関することはもちろん、買い物支援やリフォーム、住まいのトラブルに関するコンビニサービスなども地元企業と連携し、当社がお客様窓口となってあらゆるサービスを提供しています。

さらに、これらの構想の集大成として、自然豊かな甲南町野尻に高齢者から障がい者、子どもたちを支援する『甲賀いいこい村くらしモール』の建設を進めています。2,500坪の広大な敷地にはデイサービスに次いで、2016年に認知症対応型のグループホーム、2020年までにはサービス付き高齢者向け住宅、24時間対応型の訪問看護ステーションを開業予定です。さらにテレビ電話などのITCネットワークによる訪問医療も整備。在宅医療ネットワークのモデルケースとなり、他エリアにも波及させたいと考えています。

私たちは医療や介護などの業界の垣根を超え、理想の地域医療ネットワークを構築しています。
今後もレークケアの取り組みにご期待ください。

代表取締役 西村 雄一

まずはお気軽に「健康相談の件で」とご連絡ください!